建物探訪(栃木県)

足利市『鑁阿寺』にお邪魔しました。

『鑁阿寺』 『ばんなじ』と読みます。

元々は足利氏の館であり、現在も四方に門を設け、寺の周囲には土塁・堀があり鎌倉時代前後の武士の館の面影があります。

 

山門・太鼓橋:県指定有形文化財

本堂(1299)鎌倉時代初期に足利義兼の建立:国指定重要文化財

鐘楼(しょうろう):梵鐘を吊るし時を告げる施設

国指定重要文化財

経堂(きょうどう):経典を納めておく施設

国指定重要文化財

境内は約40,000㎡(12,100坪)の広さの中に文化財と緑が相まって、美しい寺院でした。

是非 一度立ち寄られては!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ワンオーナー (月曜日, 18 7月 2011 10:20)

    写真はもっとくっきり(まさかの携帯使用か、、)大きいのが見たいクリックすると大きくなるとか
    どうでもいい写真なら良いが 建造物等はこだわっては如何か